立ち読みコーナー
目次
256ページ
目次

第一章 レオタードに透ける突起 7
第二章 恥じらいの下着検査 54
第三章 媚薬に濡れる幼い秘唇 98
第四章 ビデオ撮影された初体験 134
第五章 開脚拘束台での悶絶調教 167
第六章 アナル棒によるM性開発 225
 わずかにピンク色を溶かしたような美しい白肌の大陰唇はパッ
クリと口を開け、よれた薄い小陰唇が左右にゆっくり開いた。そ
して包皮を指で押しめくると、微小なピンクの肉芽が顔を出した。
 徳治はそれを指の腹で押さえ、揉んで刺激を加えた。
「アアアッ――」
 強い快感がビクンと腰の引き攣れとなって表れた。
 さらにグリグリと指で擦ると、指の腹にムクッと突起してくる
感触が伝わった
「くぅぅ、やぁン、アンッ……だめぇぇ……はあぅっ!」
 麻梨香は半眼の眼差しになり、首を振りたくる。膣口からクリ
トリスまで素早く指で摩擦するとピチャピチャと卑猥な音がした。