立ち読みコーナー
目次
256ページ
第1部 中学生編
第1章 進路相談――奪われた純潔 8
第2章 内申書――穢された少女 47
第3章 入学試験――二匹の奴隷人形(スレイブドール) 78

第2部 高校生編
第4章 入学式――一年三組の奉仕生徒 128
第5章 後援会――新たな調教師 169
第6章 夏期講習――メイド課外授業 210

「うぅ……うぅ……」
 恵那がいやいやをすると、口の中にある生温かい男の肉茎が頬
の裏側を叩いた。
「そうかそうか、恵那はこっちの勉強も頑張りたいんだな」
 鵜島はさらに肉棒を捻じ込んだ。
 少女が苦痛に歪む顔を見るのが鵜島は大好きだった。相手が鞘
師恵那のような超美少女だと格別に興奮するというものだ。
「あぐぅ、うぐぐッ!」
 頭を引き離す際、舌が裏筋を擦る感触が何とも言ない。そして、
唇に雁首が引っかかると、再び咽喉の奥まで這わせるのだ。
「あ、ああうぅ……」