立ち読みコーナー
目次
272ページ
「す、すごい。ヌルヌルだ」
 裕貴は奈津美の反応などどこ吹く風とばかり、指腹を上に向け、
二枚貝の割れ口を上下に擦りたてていく。
「あ、あ……ンっ。あは……ぅン」
 胸の内で抗うも、つい心の叫びが口をついて出てしまう。
 やがて裕貴は肉裂の上部にある、剥き出しの半透明の肉豆に気
づいたようだった。一瞬指の動きを止めたあと、意を決したかの
ように指腹を芽吹く花芯へと滑らせる。
「はあぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」
 これまでにない強烈な快美が媚肉から脳天へと突き抜け、奈津
美は一オクターブも高いソプラノを放った。