立ち読みコーナー
目次
256ページ
第1章 行きずりの凌辱
第2章 被虐的な素顔
第3章 戯れのSM体験
第4章 蕩ける公開調教
第5章 花開くマゾ性
第6章 別荘での饗宴
第7章 生贄のアヌス処女
第8章 快楽の露出体験
「ああーっ、硬いっ、いいっ……たまんないっ!」
 後ろ手に拘束された麻衣の手枷をグッと引きよせると、肉茎にまとわりつく膣壁の締めつけが強くなる。
「ああんっ、お、おもいっきり……突いて……、突いてぇ!」
 胸をシーツに密着させ、逆ハート形の尻を高々と突き出すような挑発的な体勢を取った麻衣の秘壺に、恭太郎は猛りきったモノを打ちこみ続ける。
「あっ、ひゃああんっ、はんんっ……あああっ……!」
 麻衣の唇からひときわ甲高い悲鳴が迸る。
 その瞬間、拘束された彼女の上半身が弓のようにしなった。
「だめっ、いくっ……いくっ……イッ、ヒイッ」